2分でわかる!【本当に地震に強いハウスメーカーを選ぶ秘訣】ここだけ知っておけば惑わされない!

Pinterest pinterest
Google+ Google+
Pocket Pocket
Instagram Instagram
Feedly Feedly

U-hmロゴ

こんにちは U-hm (ユーム) 永 野 です。

 

ここだけ読めば、百戦錬磨の営業マンのトークに惑わされる事なく比較でき、本当に地震に強い住宅メーカーを選ぶ事ができます。

太字着色文字だけざっと見て頂くだけで重要部分が約2分でわかる様になっています。

 

家にいながら

大手ハウスメーカーで

建てられる間取りがわかる! 

営業一切無しのプレゼントはコチラ

 

1.先に結論:もう迷わない!耐震性能比較法のまとめ

先に結論です。ハウスメーカーや工務店が本当に地震に強いかどうかを比較する時の秘訣をまとめました。

 

1.構造の一部(基礎や壁、柱等)の性能説明を聞き比べるのは後回しにする!

 

2.実物大の耐震実験の内容のみに絞り比較する!

 

3.震度7の実験という事はそれ程重要ではない。その実大実験の地震波は周期1~2秒以内の強震(例えば速度160カインkine以上)であったかどうかを確認する。

 

以上に絞れば、どの会社が地震に強いのか?どこで建てるべきか?がより明確になってきます。

 

一人でも、人家族でも多くの方が本当に地震に強い家に住まれる事を願っております。

 

(補足)

もう2点だけ注意事項があります。

 

実大実験とは通常は、3次元(水平2方向と垂直)振動台による実験の事です。一部の会社では水平方向のみの実験にて耐震性を誇張している所もありますのでご注意下さい。

 

もう一つはここでいう約1~2秒の周期における強震が建物被害に強く影響するというのは2階や3階~5階(6階?)までと言われており、高層や免振システムに関しては長周期の揺れが大きく影響される事がわかっていますので併せてご注意下さい。

 

これらの比較基準等を加味しながら、U-hmでは、お薦めのハウスメーカーを厳選しております。

 

ユームがお薦めするハウスメーカーとは?その選考理由

 

地震に強いハウスメーカーを選ぶ為の具体的なノウハウはご案内のあとすぐお伝えしております。

 

(ご案内)

ユームでは、家づくりの相談・支援の無料サービスを行っています。実際の利用例はこちらです。

 

家にいながら

大手ハウスメーカーで

建てられる間取りがわかる! 

営業一切無しのプレゼントはコチラ

 

2.先に部分的な細かい耐震性能を聞かない!調べない!

 

各社の資料を読んだり説明を聞いたりすればするほど、各社とも耐震性には力が入っており説得力のあるPR合戦となります。だんだんどのハウスメーカーや工務店もよさそうに思えてきます。

 

「だんだんどこが良いのかわからなくなったよ」「どこも今は地震に強いからあとは金額かな」

 

住宅展示場をまわり疲れた表情のお客様から毎年何度こういった言葉を聞いたことでしょうか。

 

それは、カタログを見たり、住宅展示場等でハウスメーカーや工務店の話を聞くと、各メーカーそれぞれ得意な構造やパーツのディティールの訴求が多いからです。

 

つまり、各社訴求ポイントが基礎だったり、壁だったり、柱だったり、金物であったり、各接合部分であったりとバラバラで、各パーツの性能実験もその実験の地震波などの基準が様々なので、いよいよわからなくなるのです。

 

実際の地震は複雑な揺れで襲ってきます。いくら各パーツが優れていても、実際の家全体の被害はどうなのか?家全体の揺れはどうなのかが重要なのではないでしょうか?

 

より正確に各ハウスメーカーや工務店の耐震性を比較するには、実大の建物に対する振動実験の内容と結果を比較する事が肝要となります。

家にいながら

大手ハウスメーカーで

建てられる間取りがわかる! 

営業一切無しのプレゼントはコチラ

 

3.震度7の実験という事はそれ程重要ではない。その実大実験の地震波は周期1~2秒以内の強震(例えば速度160カインkine以上)であったかどうかを確認する。

震度7の耐震実験をしても、全く問題ありませんでした!

良く聞く言葉ですが、実際には震度7でも建物の全壊率が低い地震波も多く、それで実験してもあまり意味がありません

全壊率が高い地震波にて、いかに現実に近い試験体で実験をしたのかが重要となります。

それでは建物被害率の高い地震波とは何か?  ここで把握しておきましょう。

 

各社の実験内容にはガルやカインといった言葉が多く使われています。

なんとなくで良いので、地震動の加速度はガルgal速度はカインkineとだけおさえておきましょう。

 

例えば震度7の実験にて耐震性を実証済みと言っても、各社実験をした地震波のガルやカインの数値は様々です。実大実験を比較する為には「震度7の実験」よりも「加速度:ガル(gal)」や「速度:カイン(kine)」の数値に注目して下さい。

 

近年、建物被害への影響は地震の加速度(ガルgal)よりも速度(カインkine)の数字が影響していると言われております。

 

具体的には1995年の阪神淡路大震災「兵庫県南部地震」において、神戸海洋気象台(神戸波)の観測波速度105カイン(水平2方向ベクトル最大速度=PGV)、加速度752.2ガル(水平2方向ベクトル最大加速度=PGA)にて全壊率は約2.5%でした。

 

同じ神戸市のJR鷹取駅観測波ではガル(gal)は741.5で上記神戸海洋気象台(神戸波)と加速度:ガルは同等でしたが、神戸波の105カインに対してJR鷹取駅では157.2カインと、速度:カインは非常に早い地震波でした。神戸海洋気象台周辺の建物全壊率約2.5%に比べて、同じ地震、同じ市内でもJR鷹取駅周辺では全壊率が約34.9%(それ以上という調査報告もある)と非常に大きな被害となっています。

 

2011年の東北地方太平洋沖地震の観測点K-NET築館では105.8カイン、2765.2ガルという凄まじい加速度(ガル)でしたが、周辺の全壊率はゼロであったのは今や良く取り上げられている事です。

 

そして2016年の熊本地震益城町(本震)では非常に強い速度の 183.5カイン、897.4ガルを観測して日本建築学会九州支部熊本地震災害調査委員会によると周辺半径200mでの全壊・大破率約30.8%や他の調査でも建物の被害率は高い数値(詳細は調査中)となってしまいました。

 

以上の様に過去の観測上の分析において、建物被害への影響はガルよりもカインの方が相関性があると言われています。

 

これらの事から、速度カイン(kine)の高い数値による実大実験結果をアピールした営業トークも横行しているようですが、実はそれは要注意です。

 

本当に強いハウスメーカーを比較するにはもっと重要な評価ポイントがあります。

 

カインの数字が高い実大振動実験に耐えられれば、地震に強い建物とは必ずしも言えないという事です。

 

その事は過去の震災事例を見れば如実です。

 

2016年の熊本地震における西原村小森震度計は強烈な速度254.2カインを記録、それほど離れていない益城町宮園は183.5カインでした。

 

西原村観測地は建物の全壊・大破率はとても高かった益城町宮園よりも、非常に高い速度(カイン)による強震であったのにかかわらず周辺の全壊率はゼロだったのです。

 

この違いは何でしょうか?

 

その理由は、振動の周期です。

 

益城町宮園の揺れは周期1秒前半で強震が襲ってきたのに対して、西原村の強震は約0.6~0.8秒と短周期であった事が大きな違いとなった事が分かっています。

 

つまり、カインの数字が200カインを超える様な実験をしたとしても、その周期が1秒以内の短周期や2秒以上の長周期であったとすると、その実験により本当に地震強度が保たれているという断言はできないという事になります。

 

各ハウスメーカーや工務店の実大実験が周期約1~2秒以内に速度カイン160以上の強震をさせて実験しているかどうかを比較することで、現時点においてどこが本当に地震に強い事を実証できているのかがわかると言えます。

 

これから家を建てるにあたり、ハウスメーカー選びの参考となりましたでしょうか?

 

世界の地震の10分の1が日本に集中しております。

日本国土の表面上の現象にて現時点で見つかっている活断層は約2,000です。まだまだ地中に活断層があり、大きな地震はいつどこにきてもおかしくないと言われております。

 

是非、ご家族と資産を守る、より地震に強い家づくりをして頂きたいと思います。

 

これらの比較基準等を加味しながら、U-hm (ユーム)では、お薦めのハウスメーカーを厳選しております。

 

 

また、ハウスメーカーと具体的な打合せをする前に、参考となる資料のご提供や家づくりのご相談にも無料にて応じております。

ご希望者にはお薦めのハウスメーカーの優秀な担当者のご紹介もしております。

それらの無料のユームサービスをご利用頂いた方の実例は次の通りです。

U-hm住宅展示場 ハウスメーカーと住宅ローン徹底比較

 

■利用者(ユーザー)実例

家を建てる無料サポートならU-hmユーム

 

どんなに優秀な担当者もいつも最高のパフォーマンスができるとは限らないのではないでしょうか?

もう一つのプロの視点を増やす事により、貴方の家づくりはより良いものとなります。

 ■実例➀

親の土地にて計画。「ファミリークロークと開放的なLDKの住まい」を積水ハウスで契約。

最初は一条、次に住林も気に入ってましたが・・

下枠右のを押すと内容が読めます。

(Mさんより)
  • 当初は自分で一条工務店さんローコストメーカー数社を検討。
  • 一条工務店を一番に気に入っていましたが、他社大手も比較したくユームさんから6社の紹介を受けました。
  • 今まで住宅展示場でお会いした営業の方達と比べると、紹介の担当の方はみなさん知識や経験が豊富で頼れる感じでした。
  • 各社の特徴と自分達の相性が段々とわかってきました。
  • 担当者との相性から住林さんと積水さんに絞り、一条さんを含めた三社にてプラン・見積を依頼しました。紹介の他社はユームさんから断ってもらいました。
  • 一条さんと積水さんはいち早くプランの打合せを行いプランの提案がありましたが、今一つという感じでした。
  • すぐ後にユームさんのプラン依頼シートを夫婦で話会いながら、埋めていきました。他社さんのプランヒアリングシートというものがあったのですが、かなり内容が濃いものであった為、それを基にした住林さんのプランは要望がほとんど入り、精度が高いもので気に入りました。
  • その後、積水さんのプランへのフィードバックをユームさんからもらい、積水さんからプランを修正してもらう事になりましたが、積水さんだと予算オーバーになりそうというお話でした。
  • この段階で一度、思い切った変更の減額プランを比較の参考用にユームさんから頂きましたが、やはり最初の要望通りのプランが良いと決断できました。
  • 間取りの自由度や構造面などで一条さんの選択は無くなりました。
  • その後、住林さん担当の上司の方から、金額もなんとか予算内に収める変わりに、今日決めてくれと長時間に渡り説得されたのですが、妻がつわりで体調が悪かった状況でしたので、印象が悪くなってしまいました。住林さんの担当者さん自体はとても丁寧で、調べて欲しい事もきちんと対応してくれていたのにとても残念でした。
  • 計画地に難しい課題がありましたが、積水さんの担当者はいち早く調査を行い、丁寧な説明をしてくれたり、信頼出来る方でした。
  • 最後に積水さんの修正プランも気に入り、金額面もユームさんからの紹介という事で相当頑張って頂いたので積水ハウスさんと契約しました。
  • 契約直後もユームさんから、細かい部分のフィードバックをもらう事ができました。

(U-hmユームより)

☞住林さんも担当者の方は最後までは丁寧でしたが、Mさんの状況に添わない営業の詰めとなり、悪印象となってしまいました。この事は本社の弊社窓口にフィードバックさせてもらい、以後この様な事が無いようにしますと謝罪を受けました。住林さんの事は、構造も、デザインも担当者も気に入っていたので残念です。担当者が一番お客様のご心情を分かっているはずなので、上司が何を言おうが、担当者として強いリーダーシップをとって、お客さまにとって最善の対応をすべきで、そういう担当者を当利用者さん(ユーザーさん)には紹介していきたいとうことも弊社窓口及び担当者さんに伝えさせて頂きました。

☞U-hmから、土地の問題解決、間取り修正、ZEHの補助金等に対してフィードバックをさせて頂きましたが、積水ハウスさんの担当者は知識もしっかりしていて、対応も非常に良かったです。弊社への報告・連絡・相談も速やかで、紹介した側としても頼もしかったです。

☞実際には住林さんになりそうだった局面で、残念な対応をされた事もあり、積水さんには最後は弊社からも金額面を最大限に頑張って欲しいとよくよく伝え、何とか予算の中で納めて頂く事ができ良かったです。

 ■実例➁

土地探しから依頼。「家事動線を優先したマイホーム」を三井ホームで契約。

当初は積水と住林を気に入って土地探しを依頼しましたが・・

下枠右のを押すと内容が読めます。

(Kさんより)
  • 当初、鉄骨系が良いと思い、自分で積水ハウスさん、大和ハウスさん等に土地探しを依頼済みでした。
  • もう少し検討の幅と土地探しを広げたいと思い、ユームさんから住友林業さん、三井ホームさん、パナホーム(パナソニック ホームズ)さん、へーベルハウスさん4社の紹介を希望し、各社に土地探しの依頼もしました。
  • 当初は積水さんと住林さんを気に入ってましたが、なかなか良い土地が出てこない状況でした。
  • 一番熱心に土地探しもしてくれているパナさんと三井さんの宿泊体験も子供と一緒にさせてもらい、とても参考になりました。
  • 両社とも気に入っておりましたが、三井さんがグループ会社との連携で最新の土地情報を速やかに教えてくれ、その土地を気に入りました。ただその土地は当初の希望額よりも200万程高かったです。
  • 三井さんはプランと金額の提案もほんとにすぐに出してくれ、なんとか予算内に収めてくれるとの事で、安心でき、土地も申込み、建物も三井ホームさんで決める事としました
  • 土地が急きょ決まり、時間的に契約前はユームさんにプランの相談は出来なかったのですが、契約時と契約後の2度、プランの詳細なフィードバックを頂き、なるほどと思える内容だったので、三井さんにもこころよく修正してもらいました最終決定前によいアドバイスをもらえたのが、有難かったです。

 

(ユームより)

☞不動産業者やハウスメーカーに土地探しを依頼した際に、最初はいくつか土地情報を教えてくれるのですが、すぐに決められる土地が見つからないと、段々業社さんから連絡がざかるということはありがちなことです。今回はご自身で土地探しを依頼した会社よりも、紹介という事もあり、パナさんも三井さんもネットワークを生かしてマメに土地探しをしてくれたと客観的にみて思います。

☞また良い土地が出来て際には、すぐに買い付け(申込)を入れて、一週間後には契約となります。と不動産業者さんから言われる事も多いです。

その理由は他にもその土地を検討している人がいるので早いもの勝ちですというものですが、実際にどうかは不明です。

確かに良い土地程、他の方も気に入る確率は高いのですが、焦って失敗もしたくありません。

そこで大切なのは、その土地に何か問題無いかどうかを建築のプロに見てもらう事です。

そして速やかにそこにどういうプランが入り、トータル費用がいくらになるのかを提示してもらう事です。

☞今回は、良い土地が出てから、三井さんが非常にスピーディーに上記の対応をしてくれましたので、Kさんも安心して契約できたのはとても良かったです。(Kさんは当初から遠慮がちであったことと、三井さんを信頼していたこともあり(ユームへの信頼はまだ薄かった?)、この土地に関してのご相談はユームにはありませんでしたが、他の利用者(ユーザー)さんからはユームにも土地がらみの相談も頂いております。)

今回のプランのご相談は契約直後と、建築確認申請を出す為の最終決定前でした。キッチンとパントリーの動線改善や、家具レイアウト、実際に生活した際の明るさの感じ方、カーテン収まり、外観デザインなど気になる点が何点かありました。なるべく金額が上がらない様なセカンドオピニオンを提示し、恐らくこの段階で初めてユームの本来のメリットを感じて頂けた感じでした。全てではありませんが、多くを採用頂き、三井さんにも紹介者からで弊社からのフィードバックという事もあり快く修正して頂きました。きっと、住んで見た後に、より良い家づくりとなったと実感をして頂けると思います。

☞奥様が育休中でしたが、住宅ローンもペア扱いで問題無く、良かったです。

 

 ■実例➂

土地購入後に相談。「資産価値あるリゾートハウス」をパナソニック ホームズで契約。

かなりの予算オーバーの危機に・・

下枠右のを押すと内容が読めます。

(Oさんより)

  • 当初、自分達で住友林業とユニバーサルホームを検討済みでした。紹介によりユームさんを知り、(別途有料サービスにて)両社から提案されたプランに関して、問題無いかどうか相談しました。
  • 両社の提案とも、自分達の希望を伝えた通りに提案してくれていましたが、高低差のある土地の外構工事費用が予想外に高くなってしまう事がわかり、かなりの予算オーバーとなりそうで困っていました。
  • ユームさんが外構案も、建物の減額プランを直ぐに一から作ってくれて、減額案なのに外構も、間取りも、収納も、開放感もその提案の方が良く、非常に気に入りました
  • ユニバーサルホームの対応面や構造に不安を感じたので、住林以外にも検討したく、ユームさんからの紹介で積水ハウス・パナソニックホームズ・三井ホームの紹介を受けました。
  • 積水さんは初回の面談時にトータル的に難しそうな印象を受けたので断り、ユームさんのプランを基に、住林・パナ・三井の3社から提案を依頼しました。その段階ではデザイン的な好みとして、住林、三井、パナの順番で良い印象でした。
  • 各社のプランが出てきて、間取りのコンセプトはユームさんのままでしたが、細かい所で住林さんのプランよりも三井さんとパナさんのプランが良く、ユームさんに再度プランをチェックしてもらいました。両社のプラン共に修正提案をユームさんから再度もらい、それが良く両社で悩みました
  • 計画地は高低差があり、外構工事の費用も懸念してましたが、特にパナさんはどの会社よりもトータル費用を考慮した減額案も用意をしてくれり、トータル的にマメな動きをしてくれました。そこで、ユームさんにパナさんのデザイン性などをもう一度相談したところ、外観も内観もより良いアイデアを出してもらい、パナさんもすぐに対応してくれました。速やかな動きと、細かいデザインや設備・仕様も確認できたパナさんに決定しました。
  • 契約後のプランも早速ユームさんに詳細図面のチェックもしてもらいましたが、契約時にかなり精度が高かったのでほとんど修正の必要がありませんでした。

 

 

(ユーム 永野より)

☞今回は友人からの紹介で、3週間以内に既に検討中の住友林業さんかユニバーサルホームズさんのどちらかに決めたいが、かなりの予算オーバーになりそうなので、相談に乗って欲しいという依頼がスタートでした。(この分は別途優良にてお受けしております。)

建物のご要望はワンちゃんと過ごすドッグラン付きのリゾートハウス(平屋)。開放感があり、明るい家。床暖房と太陽光は必須というものでした。

通常は住宅メーカーのプランに赤入れをしてセカンドオピニオンをご提供する形ですが、今回の2社の提案に関して、あまりにも気になる点が多かったという事。時間が無い事。予算とかなりの差がある事。から、急きょ一から外構と建物の減額参考プランを作成し、それをかなり気に入って頂く事ができ、お役に立てて良かったです。

☞ご希望によりユームからもハウスメーカーの紹介のご依頼を頂き、スピード提案となり少し不安でしたが、減額案のコンセプトは固まっていたので、三井さんもパナさんもそれぞれの構造特徴を生かして対応をしてくれました。

当初は木造の平屋が良いという事で、住林さん、三井さんの事もかなり気に入ってらっしゃいましたが、今回に関してはパナさんの方がOさん及びユームとも報告・連絡・相談を密にとり、よりマメな対応を終始一貫した事が決め手となったと思います。

☞この家づくりのご相談と支援をしていて、つくづく思うのですが、ハウスメーカーをユーザーさんに紹介する際に、各社に優秀な担当者を選抜してもらう様に毎回依頼しており、確かに知識も実績もある担当者ばかりなのですが、本当にその時のタイミングでベストパフォーマンスを出せる時とそうではないという事があるのだなと自省を含めて感じます。

また、やはり利用者(ユーザー)さんとの相性は重要だなと言う事が本当に良くわかります。私がハウスメーカー時代は、「永野さんに任せて他社は検討しないから」と言われると本当に嬉しくて意気に感じたものですが、そういう意味では、数社を比較するという事はメリットも多いのではと思っております。

☞最後の決定前に、ご主人はパナさんを気に入っておりましたが、奥様はデザイン・インテリア性にあまり魅力を感じていらっしゃらないとご相談を受けました。外観やインテリアデザインも含めてアドバイス案をご提示し、それを奥様にも気に入って頂く事ができ、パナさんもすぐに対応してくれ、ご契約となりました。

 

~地震に強い家を建てたい貴方を応援し致します~

U-hm住宅展示場 ハウスメーカーと住宅ローン徹底比較

~無料・いつでもやめられる・見積UP一切無し~

家にいながら

大手ハウスメーカーで

建てられる間取りがわかる! 

営業一切無しのプレゼントはコチラ

 

■ユームの家づくり人気サポート

(無料)

 

実際にご利用頂いている方々は、普通の家づくり以上のメリットを無料で得られています!

U-hmロゴ

無料・いつでもやめられる
 

▼家を建てようかと思い始めたら 

ハウスメーカーにまだ具体的な相談をするのはちょっと…と言う方はこちら。

 

 

■土地探しや予算のご相談だけでも参考になる

ユーム家づくり相談・支援

 

 

▼住宅展示場に行くなら

住宅展示場見学の5つの残念とは? 貴方の家づくりは最初に決まる!

 

 

住宅展示場の最善の見学法

⇒ Uモデルハウス一括見学

 

 

▼土地探しを失敗したくないなら

良い土地が見つからない理由とは? 土地探しのコツがわかります!

 

 

■予算内でより良い土地を入手する方法

⇒ U土地探し一括

尚、各ハウスメーカーの耐震性の評価・比較に関しては、下記の文献を参考も参考にさせて頂いております。ここに敬意を表し、厚く御礼を申し上げます。

 

〇参考文献:

堺有紀(2009).地震動の性質と建物被害の関係.日本建築工学会誌.No.9,2009
伯野元彦 (2003). 世界最高2,005ガルでも無被害, 地震ジャーナル,36号,50-51.
川瀬博 (1998). 断層近傍強震動の地下構造による増幅プロセスと構造物破壊能, 第10回日本地震工学シンポジウム, パネルディスカッション資料集, 29-34.
武村雅之(1998). 過去の地震被害から見た震源近傍での強震動, 第10回日本地震工学シンポジウム, パネルディスカッション資料集, 45-50.
青井・他(2006). 新潟県中越地震の地震動, 月刊 地球/号外 No.53, 2006

■関連記事