土地探しも住宅展示場で。ハウスメーカー社有地のメリットとデメリット。

Pinterest pinterest
Google+ Google+
Pocket Pocket
Instagram Instagram
Feedly Feedly

 

ハウスメーカー社有地。土地を購入して注文住宅を建てる方は住宅展示場で要チェック。

その時のツボとは?

U-hm住宅展示場 ハウスメーカーと住宅ローン徹底比較

こんにちは。U-hm ユーム 永野です。

 

前職のハウスメーカー時代に、地主さんとのご縁で仕入れさせて頂いた社有地の最後の一区画が、先日契約となったと元チーム員が喜んで教えてくれました。

 

その区画は3軒、私も担当しており、またお仲間が増えると思うと嬉しいです。

 

お隣さん同士が、同じハウスメーカーのオーナー様。

 

ある意味で同じ志向の方がご近所さんとなります。

 

社有地のメリットの一つです。

 

メリットはそれだけではありませんので次の章でご紹介させて頂きます。

 

住宅展示場で社有地情報を確認できますが、注意事項もありますので、こちらでそれもわかります。

 

住宅展示場で土地探し。

 

1.住宅展示場で要チェック。ハウスメーカー社有地はメリットがたくさん。

 

■契約時前・契約時のメリット

 

早速メリットを確認しておきましょう。

 

➀仲介手数料がかかならない場合が多い。

通常、土地代×3%+6万に消費税がかかります。

消費税8%の時、4000万の土地で136.08万。

総日税10%の時、4000万の土地で138.6万。

 

➁注文住宅に適した土地である。

 

➂地盤調査済みの事が多い。

 

➃隣地境界線など明確になっている

 

⑤調査済みなので、あとから不測の金額がかかる事が非常に少ない。

 

➅住宅ローン審査において高評価となる事がある。

☞金融機関が土地の担保評価をする際に、通常は資料ベースのみの判断ですが、大手ハウスメーカーの土地だと信用できる事から、今までの私や仲間の実感によるものです。

 

⑦土地と建物費用の支払いや住宅ローンが窓口一本でスムースに行える。

 

⑧先に住んでいる人がいれば、学校やゴミ捨てなど生活者視線の情報を教えてもらえる。

 

など色々なメリットが期待できます。

 

 

■契約後のメリット

 

➀隣地の方が同時並行で打合せをしている場合、タイミングによって窓位置など隣地の建物を配慮した設計をしてもらえる事が多い。

 

➁隣地どうしの車や人の動線を配慮できる事が多い。

 

➂外観を建売の様に被らなく設計しやすい。

 

➃外構の境界フェンスなど、隣地と相談しながら打合せできる事がある。

 

⑤外構のデザイン等、隣地とちぐはぐにならない様に設計しやすい。

 

などです。

 

 

■お住い後のメリット

 

➀隣地と同じハウスメーカーオーナーどうしなので、最初の関係づくりがスムースである。

☞地縄確認時(地鎮祭)などで、ハウスメーカーから紹介されたり、近所づきあいがしやすくなります。

 

➁隣地から実際に役立つ近隣の情報を聞きやすく、教えてもらえる。

 

➂土地や建築に関する隣地との諸問題が発生した時に、相談窓口を一本化できる。

 

➃隣も地震や火災に強い家となり、隣地による震災被害リスクが激減する。

など

 

以上の様にいろいろあります。

 

私が担当した3軒のお隣さんどうしがお庭でBBQした、とお邪魔した時に聞きました。

 

私も嬉しく感じたものです。

 

同じ様な志向でハウスメーカー選びをされているので、お隣さんといい関係を保ちやすいということもあるのかと思います。

 

契約後の社有地のデメリット

 

□最初に知っておきたいハウスメーカー社有地の注意事項と対処法

 

■社有地のデメリット(注意事項)と対処法

 

前述の通りメリットが多いのですが、それを得られるのは、タイミングやそのハウスメーカーがどういう会社なのか、その他の状況によります。

 

期待しすぎて、メリットを得られなかった場合により大きなストレスとなったりします。

 

そうならない為に注意点と対処法を知っておいて頂きたいです。

 

 

➀ハウスメーカーの社有地だから安心とは限らない。

 

ハウスメーカーや工務店は、消費税増税前の需要を見込んで先行して多くの土地を購入しようとしています。

 

土地を購入し、在庫を持つ事はリスクがあり、万が一売れなかった時に売りさばく事ができる為に相場よりも安く土地を仕入れる事が重要視されます。

 

逆に言いますと、社有地が安く買えた土地だった場合、何かしらの要因又は欠点があると言えます。

 

また、既存の契約客が所有していた土地で、契約とセットの条件でその方の所有地を購入する事もあります。

 

つまり、必ずしもハウスメーカーの社有地が安心で良好とは限らないという事です。

 

☞対処法としては、そのハウスメーカーが信頼できるか?どういういきさつでその土地を購入する事になったのか?前の地主さんや土地の状態はどうか?その土地の注意事項は何か?など、信頼できると思える担当者に聞く事です。

 

また、敷地調査済みの事が多いので、詳しく説明を聞きましょう。

 

地盤の強さや地面の下の水位、隣地との高低差等で金額がかかりそうな事はないか?

住宅ローンの評価額や将来の資産価値が下がる要素は無いか?

その地域ならではの規制は無いか?

 

その他何か注意事項は無いか?などしっかりと確認しましょう。(通常は聞かなくても、初期の段階できちんと説明してくれます。)

 

土地の契約時には重要事項説明が必須ですが、細かく専門用語の入った長い文章を契約時に聞いても、なかなか頭に入ってきませんので、なるべく早めに確認したいものです。

 

担当者以外に、設計士や既に住んでいる方がいれば、何か問題は無いかを聞く事ができればより良いです。

 

 

➁既に建っているお隣や近隣の地盤調査結果が良好でもそれをあてにしない。

 

近隣の地盤調査結果が良好でも、実際の計画地の地盤が弱く、地盤補強工事が別途必要になる場合も今までありました。

 

近隣のデータはあくまでも参考程度にして、なるべく早く地盤調査をしてもらう事です。

 

 

➂隣との視線(窓)や音の配慮はハウスメーカー任せにすると危険である。

 

その配慮を重要視している営業担当者や設計士ばかりとは言えないのが現実です。

 

また優秀な設計士や営業担当者はかなり忙しく、その事が抜けてしまう場合も否めません。

 

窓だけでなく、オール電化の場合、エコキュート(給湯器)が深夜に稼働しするので、意外と音が気になります。

 

そういった音の配慮もしておいた方がよい事に他なりません。

 

同じハウスメーカーどうしだから、お互いに配慮してもらえるのが当然と期待していて、現実そうでないと、見知らない土地に建物を建てる以上にストレスとなり、場合によっては近隣との仲に悪い影響となるかもしれません。

 

注文住宅の請負工事契約の発注者は貴方で、それを請け負うのがハウスメーカーです。

 

きちんと意思表示をして、発注する事が大切です。

 

施主自らが気になる事は、よくよくハウスメーカー側に伝えて下さい。

 

その際は、営業担当者と設計士の双方に、窓や給湯器の位置は今のままで隣地の方と問題無いでしょうか?など具体的に聞く事がポイントです。

 

 

➃隣地との窓位置や音の設計配慮ができるかはタイミングによる

 

隣地の方も同時並行で契約後の打合せをしている場合、お隣様の了解を得て、窓の位置を教えてもらう事が出来ますが、教えてもらった後に、様々な理由で変更となる場合もございます。

 

それが最終の位置なのかもご確認下さい。

 

 

⑤個人情報の漏洩には気をつけたい。

 

自分達の事はOPENしてもらっていいという方もいらっしゃいます。

 

そうでない方もいらっしゃいますが、こちらの情報を開示しないでお隣さんの情報を聞くのは失礼になります。

 

その際、お互いに間取りは見せないで、敷地図面に、窓の位置と大きさだけを示す事もできますし、その窓がトイレやキッチン、お風呂などと書いた情報だけ開示したりする事ができます。

 

デリカシーの無い営業ですと、間取りの入った図面を相手に見せたりしてしまいますので、それが嫌な方は、どこまでを開示するのかを営業担当者にしっかりと伝えて下さい。

 

お互いの家の設計士が同じ場合も同様です。

 

 

➅社有地だから全てが仲介手数料が不要とは限らない。

 

当然、その情報を不動産業者から得て契約となった場合は、仲介手数料がかかります。

 

それ以外にハウスメーカーの社有地でも仲介手数料がかかる場合がありますので最初に確認しておきましょう。

 

 

住宅展示場で社有地を見つける場合の注意事項

□住宅展示場で良い社有地情報を知った場合の注意事項

 

■すぐに飛びつかない。但し、迅速に行動した方がよい。

 

住宅展示場でとても魅力的な社有地を知ってもすぐに見学に行くのはリスクがあります。

 

貴方やご家族を守るのは、土地ではなく家です。

 

住んだ時に満足できるかどうかも、どんな家なのかによります。

 

いくら条件が良い土地があっても、スグに飛びつかない事です。

 

土地情報は不動産業者に行けばいくらでも探せます。

 

住宅展示場では、貴方やご家族が本当にそのハウスメーカーで建てたいのか?そこで建てるべきなのか?まずはそれを見極める事に集中する方が良いのではないでしょうか?

 

と同時に、意識をして頂きたいのは、担当者選びです。

 

注文住宅は非常に難易度が高く、営業担当者次第でストレスを多く感じてしまうのか、とても満足できる家づくりなのかが変わってきます。

 

住宅展示場で、とても気になる社有地を知って、そのまま見学に行くとその時接客した営業担当者が貴方の数千万円の家づくりを請け負う担当者となります。

 

本当に建てたいと思えたハウスメーカーが見つかった。社有地情報も気になるものがあった。けれど、まだ担当者が信頼できるかわからない。

 

住宅展示場でそう感じたのであれば、できればアンケートで個人情報は書かずにそのハウスメーカーの違うモデルハウスを早めに回り、気に入った担当者と一緒に現地を確認しましょう。

 

 

以上、少しはご参考になりましたでしょうか?

 

 

◎u-hmの経験から、無料で理想的な土地探し法を用意しております。

もし、ご興味がおありでしたら、内容をチェックしてみてください。

☞「備え充実で土地探しのリスク削減!【U土地探し一括】」とは?

 

◎まずは住宅展示場を見学したいという方は、毎回のアンケート記入なく、貴方やご家族のペースで見学できるサービスが好評を頂いております。

☞最善の住宅展示場見学法「Uモデル見学一括」

 

U-hm住宅展示場 ハウスメーカーと住宅ローン徹底比較

「いいね!」して頂けると
励みになります!

参考情報をお届けしていきます

少しでも参考となりましたら、

ブックマークや

ご家族の方、お友達と共有して頂けるととても嬉しいです。

Pinterest pinterest
Google+ Google+
Pocket Pocket
Instagram Instagram
Feedly Feedly

■注文住宅の最新記事

 

■注文住宅の参考記事

■今日も家を愉しもう「イエタノ」

 

●今日も家まわりを愉しみましょう「イエタノ」

U-hm住宅展示場 ハウスメーカーと住宅ローン徹底比較

計画先の方専用!

U安心個別相談

u-hm 計画はまだ先の方専用個別相談

まだハウスメーカーを決める段階ではないという方向けの守秘個別相談(無料)です。

U-hm住宅展示場 ハウスメーカーと住宅ローン徹底比較

比べて下さい!

このプラン依頼の違いを。

【Uプラン一括依頼】

U-hm ハウスメーカープラン一括依頼U-hm特典付きサービス

(無料)

 U-hmのセカンドオピニオン付、そして+αの特典付きです。

 

U-hm住宅展示場 ハウスメーカーと住宅ローン徹底比較

 住宅展示場の最善見学法

【Uモデルハウス一括見学】

U-hmハウスメーカー住宅展示場見学サービス

U-hm特典付きサービス

(無料)

モデルハウス見学の前に知っておきたい注意事項とは?

 

U-hm住宅展示場 ハウスメーカーと住宅ローン徹底比較

備え充実で

土地リスク削減!

【U土地探し一括】

u-hm 土地探し一括サービス

U-hm特典付サービス

(無料)

U-hm住宅展示場 ハウスメーカーと住宅ローン徹底比較

 

☞「U-hmとは? 代表 永野について」はこちら

 

☞「U-hm特典付きサービスは何故無料なのか?」はこちら

 

ご不明な点などお気軽にお問合せ下さい。

☞お問合せはこちらからどうぞ。

 

U-hm 株式会社

代表取締役 永 野 健 一

 

U-hm住宅展示場 ハウスメーカーと住宅ローン徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL