目から鱗!【ハウスメーカー比較耐震性ランク】地震の強さ徹底比較!

今まで1分1秒を争う一流レストランなどの厨房の動線設計を経て、80億円以上の注文住宅のお手伝いをしてきたU-hm(ユーム) 永 野 です。

 

こちらでは、次の3点がわかります。

 

 

・どのハウスメーカーが、本当に地震に強いのか? おすすめの5社

 

・その理由(基準と耐震性評価ランク)

 

・12社の耐震性評価ランクがわかる一覧

 

ご案内のあとスグに結論です。

 

3階建てのおすすめ5社】の特徴と価格相場を知りたい方はコチラをどうぞ

すぐに【12社の耐震性評価ランク】を見たい方は下から会社をお選びください。

 

 

本当に地震に強いハウスメーカーとは?
(U-hm調べ2019.11更新版)

現在、ハウスメーカーの耐震性に関して、7つの項目で評価ランク付けをしています。

 

その評価ランクに直近の各社の対応力を含めて、地震に強く本当におすすめできるハウスメーカーを5社に絞っています。

 

それでは、その5社と選出の理由をお伝えします。

 

■耐震性及び震災時対応企業力面でおすすめのハウスメーカー5社

 

※50音順

・旭化成ホームズ株式会社(へーベルハウス)

・住友林業株式会社

・積水ハウス株式会社

・パナソニック ホームズ株式会社

・三井ホーム株式会社

 

選出の基準は、以下の5つです。

 

■本当に地震に強いハウスメーカーの選出基準

・耐震性の実証(各社の評価ランク1~5の解説と所感参照)

・震災時の揺れ幅を抑える工夫

・震災時に対応が期待できる組織力(各社評価ランク6の解説と所感参照)

・長期保証やアフターフォローが継続できる企業力(各社評価ランク7の解説と所感参照)

・上記に加えて、直近の各社対応面や耐震性の維持力などを考慮

 

 

それでは、なぜ上記の基準が大切なのか? 従来の耐震等級の基準だけでは駄目なのかをお伝えします。

 

すぐに【12社の耐震性評価ランク】を見たい方は コチラ

3階建てのおすすめ5社】の特徴と価格相場を知りたい方は コチラ

※ハウスメーカー7社を比較検討の末【選んだ理由と断った要因実例】コチラ

 

従来の耐震等級の基準だけでは安全とはいえない

今まではハウスメーカーや工務店の耐震性は、耐震等級というものを基準として語られることが多かったです。

 

ネットやYOUTUBEなどで、耐震性等級最高等級の3だから大丈夫と語っている建築士もいます。

 

ただし、2016年の熊本地震やそのボランティア活動、今までの家づくりのお手伝いを長年してきた中で、それだけでハウスメーカーの耐震性を評価するのは、不十分であると思い知らされてきました。

 

その理由をお伝えする前に、簡単に耐震等級を説明します。

 

耐震等級3だから大丈夫!と思うのは危険

耐震等級には1,2,3があって、3が最高等級、一番強いことになっています。

 

それでは、耐震等級は最高等級3だから大丈夫だと思うべきではない理由です。

 

それは、その基準が古いからです。

 

この耐震等級の基準を検討して内容が定まったのは今から20年近く前のことです。

 

耐震等級には、主に「倒壊防止」と「損傷防止」の2つがあります。

 

まず、倒れないかどうかの基準ですが、阪神淡路大震災時の神戸で観測された地震の揺れを想定しています。

 

耐震等級1ではその地震が来ても倒壊しない、耐震等級2はその1.25倍がきても倒壊しない、耐震等級3は1.5倍の揺れがきても倒壊しないということです。

 

阪神淡路大震災の神戸の1.5倍の揺れでも大丈夫!ってすごそうですよね。

 

その阪神淡路大震災の神戸の地震波は、建物建物全壊率約2.5%です。

 

防災科学技術研究所の調査では、熊本地震の益城町の建物全壊率はそのではその12倍以上の約30.3%です。

 

同じような震度でも、地震波の違いにより建物の被害が非常に大きく変わるということがわかってきていますが、約20年前に検討された耐震等級の基準はそれを反映していないのです。

 

こういうと、熊本地震では耐震等級3の家は倒れなかったという方がいます。

 

確かに国土交通省の調査では、その耐震等級3の家の倒壊は無かったと報告されています。

 

ただ、該当する調査対象は16件のみです。

調査した家の数の0・8%ほどなので、それで大丈夫だと言うには、調査数が少なすぎます。

また、国土交通省のその調査は益城町の役場をほぼ中心としていて、その上半分のエリアと下半分では被害状況が大きくことなっています。

その16棟がどこにあったのか、被害が多いエリアにあったのか? そうではなかったのかが明示されていないことからも、耐震等級3だから大丈夫だと言い切れないのではないでしょうか?

 

耐震等級3でも大丈夫ではない。

もう一つの理由は、

構造躯体の損傷防止における耐震等級3の想定している地震の揺れが強いとは言えないからです。

東京を想定した場合、震度5強です。

政府の地震調査委員会の最近の発表では、東京都庁付近で震度6弱以上の地震が30年間で来る確率は48%、横浜で82%、大阪55%、大分54%、北海道釧路で69%です。

 

あの熊本地震が来る前の震度6弱以上の確率が7%台であったことから考えると、20年近く前に設定した震度5弱という基準自体が古いと言わざる負えません。

実際に、その耐震等級3にほぼ近い耐震壁量を持つ建物も大きな被害を受けています。

 

つまり、耐震等級3をどれだけ余力を持って、クリアしているのかが重要です。

 

また、予想もしていなく、観測史上初めて、震度7が2度連続襲ってきたことから、今後も今まで予想していなかった大きな地震が繰り返しくるかもしれません。

 

連続で襲ってくる大きな地震に対して、建物の揺れ幅を抑える性能も必要となっていますが、残念ながら現行の耐震等級には、その評価基準はありません。

 

自分の家が倒壊しなくても、家具や構造の一部の急激な倒れ込みにより、亡くなられた方や大けがをされた方もいらっしゃいます。

家の内外は惨劇な状況となります。

最大の震度の直後も、停電や真夜中関係なく、何度も繰り返し大きな地震が来るので、家族の精神状況が大きく乱されます。

これは、私が熊本地震後のボランティア先で、御主人から直接聞いた実話です。

熊本地震の被災者から直接聞いた言葉は忘れられません。

「避難所の生活で子供と妻がノイローゼになってしまって、しょうがなく家に戻ってきたんです。」

「この家は倒れてはいないけど、2度の大きな揺れがきて、また大きな地震が来たらと思うととても不安です。」

「真夜中に地震(余震)がある度に娘が泣き叫んでしまうんです。震災後も(1か月間)全然眠れていない・・」

 

そのお住まいは、鉄骨造で外からは、大きな問題は感じられませんでしたが、2度の大きな揺れの時は、家具や冷蔵庫が吹っ飛ぶように倒れ、いろいろなガラスが割れ飛び散り、今も少し傾いているから不安でしょうがないと、次に大きな地震が来たらもうこの家もダメだと思うと、そのご主人は語ってくれました。

 

その鉄骨の施工会社は既に倒産していて、地元の修理してくれる業者も被災。全壊・倒壊を判断する人達もあまりにも周囲がまだ酷い状況なので(震災時1ヶ月経ったその時点でも)、まだ家の中に入っての調査はしてくれないから、不安でしょうがないとのことでした。

 

因みに、他県ナンバーのリフォーム業者の車が周囲を回ってきているが、その修理代がとても高いので、みんな頼めないともおっしゃっていました。

 

被災地は施工会社や修理などできるリフォーム会社もみんな被災者となります。

 

そんな時に、自分の家を施工した会社がなるべく早めに点検に来て、自分の家の安全性が確認してもらえるかどうか、震災時にもその会社が生き残り、アフターフォローをできるだけの機能がその会社にあるかどうかはとても大きいと実感しました。

 

それらが重要であると言うことを実感しましたが、それらの基準で、ハウスメーカーを比較したものが世の中にありませんでした。

 

そこで、ユーム独自に、7項目の評価ランクを設けて各ハウスメーカーを比較したわけです。

 

このあとスグに、各社の評価ランクページをご紹介しますが、その7つの評価項目は次のとおりです。

 

■ハウスメーカー耐震性評価ランク項目

1.過去の建物被害の大きかった地震波にて実大実験をしているか?

2.建物の余力を確認する実大実験ができているか?

3.実験体の参考度合は?

4.実大実験による揺れの抑制はどうか?

5.過去の地震に対する建物被害状況の明示と結果は? *地震の揺れによる被害

6.震災時に対応が期待できる組織力は?

7.生き残れる企業力は?

 

 

さきほど、おすすめできるハウスメーカーを5社に絞ってお伝えしましたが、これはこの評価ランクを基にして、最近の対応面や耐震性の維持力(耐久性)なども加味した上で厳選しています。

 

それでは、興味あるハウスメーカーの耐震性評価ランクとその詳細内容を次からお選びください。

 

〇良く読まれている記事

・2分でわかる本当に地震に強いハウスメーカーの見分け方

・ハウスメーカー選び7社検討の末【選んだ理由と断った要因実例】

ユームがおすすめする【ハウスメーカー5選とその理由】

土地探しで後悔しないための【土地探しの必勝法】

・失敗しないための 住宅ローン事前審査のポイント

 

全家族にプレゼント!

 

人気無料サービスの特典です。

計画地が決まっている方には別のセカンドオピニオンサービスをさせていただきます。

U-hmロゴ

住宅展示場の5つの残念とは?

地震に強いメーカーだけの

今までにない 

モデルハウス見学法は

 コチラ

土地探しの3つの落とし穴とは?

失敗しないための

他に無い土地探し法は

コチラ

 

   ハウスメーカー【評価ランク】解説と所感

注:評価ランクは構造の部分的実験よりも、実大実験による耐震性の実証ができているかどうか? それをきちんと会社として明示しているのかどうかを最重要視しております。

3階建てのおすすめ5社】の特徴と価格相場を知りたい方は コチラをどうぞ

※ 「設計自由度」と「閑静」希望別の3階建て向けの土地探し・購入 【用途地域と注意点】はコチラ

ハウスメーカー選び完了!7社検討の末【選んだ理由と断った要因実例】はコチラ

 

各ハウスメーカーの耐震性の評価・比較に関しては、下記の文献も参考にさせて頂いております。ここに敬意を表し、厚く御礼を申し上げます。

 

○ 参考文献:

堺有紀(2009).地震動の性質と建物被害の関係.日本建築工学会誌.No.9,2009
伯野元彦 (2003). 世界最高2,005ガルでも無被害, 地震ジャーナル,36号,50-51.
川瀬博 (1998). 断層近傍強震動の地下構造による増幅プロセスと構造物破壊能, 第10回日本地震工学シンポジウム, パネルディスカッション資料集, 29-34.
武村雅之(1998). 過去の地震被害から見た震源近傍での強震動, 第10回日本地震工学シンポジウム, パネルディスカッション資料集, 45-50.
青井・他(2006). 新潟県中越地震の地震動, 月刊 地球/号外 No.53, 2006

 

u-hm株式会社

代 表 永     野

失敗せずに家を建てるなら
ここで80%は学べる!

 

全家族にプレゼント!

 

人気無料サービスの特典です。

計画地が決まっている方には別のセカンドオピニオンサービスをさせていただきます。

U-hmロゴ

住宅展示場の5つの残念とは?

地震に強いメーカーだけの

今までにない 

モデルハウス見学法は

 コチラ

土地探しの3つの落とし穴とは?

失敗しないための

他に無い土地探し法は

コチラ

 

残りの20%は個別の状況次第ですが、後悔せずに家を建てる方法の8割はこの記事にあると言えます。

ご興味ある項目からどうぞ。

◎最初に良く見られているのはココ

・家を建てるタイミングはオリンピックの後?コチラ

・注文住宅の金額。結論は20秒は コチラ

・注文住宅の自己資金(頭金)の相場は コチラ

年収別の住宅ローン借入可能額と月々の返済額は コチラ

・土地探しから家を建てるまでの流れ コチラ

 

〇最新記事
〇今日のご相談

U-hmロゴ

【坪単価・費用】参考になる記事

・ハウスメーカーの坪単価一覧コチラ

土地購入価格別の家を建てる総費用コチラ

注文住宅の総費用(結論は20秒)はコチラ

建物本体工事の標準とオプション費用例コチラ

無料で営業一切無く予算や自己資金の相談ができるのはコチラ

・付帯工事費・諸費用はコチラ

予算オーバーで憧れのハウスメーカーを諦めない一つの方法はコチラ

・親から住宅資金の贈与を受ける際の非課税はコチラ

親から贈与|相続時清算課税選択の特例はコチラ

▼【家づくりの基本】開け!質問箱

【住宅ローン】参考になる記事

・スグわかる!年収別の借入可能額コチラ

・住宅ローン事前審査の注意点コチラ

住宅ローン減税はいくらお得?年収別・借入別一覧はコチラ

土地探し~家を建てるまでの住宅ローンとお金の流れコチラ

・まさかの減額!?  借入額が希望に満たない理由と対処法コチラ

営業一切無く、無料で住宅ローンの相談ができるのは コチラ

▼【住宅ローンとお金】開け!質問箱

【土地探し】参考になる記事

 

・土地探し~家を建てるまでの流れコチラ

・土地探し~家を建てるまでの住宅ローンとお金の流れコチラ

・土地購入価格別の建物含めたトータル費用例コチラ

・土地探し6つの方法|注意点とコツはコチラ

・土地探しの3つの落とし穴と備え充実の土地探し方法コチラ

 

 【家を建てる手順】参考になる記事

▼【家を建てる手順】
▼【家を建てる手順】開け!質問箱

【ハウスメーカー選び】参考になる記事

3・4階建ておすすめのハウスメーカー5選 特徴と価格相場はコチラ

・2分で分かる!本当に地震に強いハウスメーカーの選び方コチラ

・ハウスメーカー12社の耐震性評価ランクを比較はコチラ

・ハウスメーカーが潰れた場合の被害実例コチラ

・住宅メーカー選びを失敗した方に学ぶならコチラ

生き残れるハウスメーカー評価ランク比較表コチラ

・住宅展示場見学でハウスメーカーを比較する最善の方法コチラ

時短で、ハウスメーカーをスッキリ比較する方法はコチラ

営業マンでハウスメーカーを選ぶ際の注意点とコツはコチラ

・外観・内観デザインでハウスメーカーを選ぶ際の注意点とコツはコチラ

坪単価・総費用でハウスメーカーを絞る際の注意点とコツはコチラ

ユームがおすすめするハウスメーカーとは? その理由はコチラ

▼【ハウスメーカー選び】開け!質問箱

はじめまして

U-hⅿユームの

永野です

 

現一部上場OA企業で新人トップセールス

外資財閥系情報サービス企業でトップセールス

レストラン・病院の厨房の一分一秒を争う動線設計と菌の抑制提案を5年

住宅ローンから注文住宅のトータルサポートを19年

施主の立場経験を2回

妻に家事をしていると認めてもらって? 1年半

賃貸を満室運営10年。

マイホームを楽しんでいるハワイ島大好き大人サーファーです。

 

「U-hmとは? 代表 永野について」

「何故このサービスを始めたのか?3つの理由」はこちらをどうぞ。

U-hmロゴ

まだハウスメーカーに
営業されるのは困るという方向け

ユーム家づくり初期相談

(無料)

u-hm 計画はまだ先の方専用個別相談

進め方や予算、住宅ローンの無料相談はコチラ

 住宅展示場の最善見学法

【Uモデルハウス一括見学】

U-hmハウスメーカー住宅展示場見学サービス

ユーム特典付き

(無料)

モデルハウス見学の5つの残念とは?

 

備え充実で

土地リスク削減!

【U土地探し一括】

u-hm 土地探し一括サービス

U-hm特典付サービス

(無料)

土地探しの3つの落とし穴とは?

比べて下さい!

この設計・見積依頼の違いを。

【Uプラン一括依頼】

U-hm ハウスメーカープラン一括依頼ユーム特典付き

(無料)

 セカンドオピニオン+αの特典とは?

 

Pinterest pinterest
Google+ Google+
Pocket Pocket
Instagram Instagram
Feedly Feedly