ダイワハウス【耐震性評価ランク】ハウスメーカー徹底比較!

Pinterest pinterest
Google+ Google+
Pocket Pocket
Instagram Instagram
Feedly Feedly

こんにちは U-hm (ユーム) 永 野 です。

 

ダイワ(大和)ハウスの耐震性について説明させて頂きます。

 

まずは、下の表の評価ランクと太文字だけをざっと見て、次の【解説と所感】の太文字着色部分だけでもご覧頂ければ約2分で重要ポイントがわかります。

 

 

■ダイワハウス耐震性評価ランクとその詳細

※各ハウスメーカーが公示している内容による比較評価となっています。

※U-hmでは構造の部位のみの実験よりも実大実験を最重視しています。実大実験の公示が無い場合は省いております。

ダイワハウス耐震性評価ランク

7項目比較

(2017.09,u-hm調べ)

1.過去の建物被害の大きかった地震波にて実大実験をしているか?

評価ランク B

<鉄骨系>

「xevo(ジーヴォ)」

B:1995年神戸南部地震神戸海洋気象台観測波※以後神戸波2006年実施

B:2004年新潟中越地震の小千谷波(2006年)

<木造系>

「GranWood」

(ー):実大実験の詳細の公表が無い。

2.建物の余力を確認する実大実験ができているか?

評価ランク B

<鉄骨系>

「xevoΣ」(ジーヴォシグマ)

B:175Kine神戸波?増幅:2013年)×4 ※JR鷹取波の増幅であればA評価

<木造系>

「GranW00d」

(ー):実大実験の詳細の公表が無い。

3.実験体の参考度合は?

評価ランク

<鉄骨系>

A:「xevo」耐震と制震(オプション)各2階。(国立科学技術研究所2006年)

A:地震動エネルギー吸収型耐力壁標準仕様の「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」総2階バルコニー(国立科学技術研究所、2013年)。

<木造系>

「GranWood」

(ー):実大実験の詳細明示が無い。

4.実大実験による揺れの抑制はどうか?

評価ランク B+

<鉄骨系>

A~B:神戸波や小千谷波。神戸波の200%の地震波も含む計85回にて、xevo標準耐震「DEAQT(ディークト)S」と比べて制震システム「DEAQTD」(オプション)の変形量は約20~50%。神戸波818galで2階床の応答変異は6.9㎜。(耐震は12.9㎜)

B:「xevoΣ」標準搭載の地震動エネルギー吸収型耐力壁「D-NΣQST(ディーネクスト)」に左記震度7相当を4回連続加振にて変位量は4回目もグラフ表示で微増。但し、具体的な変位量などの詳細な数値の公表は無い。

<木造系>

B:実大実験詳細明示無いが、小型2階実験で耐震等級3相当の木造と比べて最大2分の1の揺れに抑制と明示。

5.過去の地震に対する被害状況の明示と結果は?

*地震の揺れによる被害

評価ランク

明示無し。

6.震災時に対応が期待できる組織力は?

評価ランク A+

大和ハウス工業は大阪と東京双方を本社とし、直営拠点が北海道は倶知安・ニセコ出張所から沖縄までを網羅している。震災時のリスク分散面、被災地エリア外からの支援面において国内TOPレベルと言える。

7.生き残れる企業力は?

評価ランク A+
大和ハウス工業株式会社の2017年3月期の連結決算の売上高・営業利益・経常利益・当期純利益共に過去最高を更新。8期連続の増益となった。自己資本比率は36.8%、売上に対する経常利益率8.5%以上。大和ハウス工業単体の経常利益も対前期15.5%UPであり、まさに勝ち組である。戸建て住宅は全体の約11%、賃貸住宅は27.8%、マンションは7.4%、商業施設は16.2、事業施設は23.5%と事業構成もリスク分散していると言える。

 

この表を見て、あまり内容が分からなかった方は、先にこちらを見て頂ければ明確にご理解いただけると思います。

 

☞「2分でわかる!【本当に地震に強いハウスメーカーを選ぶ秘訣】ここだけ知っておけば惑わされない!」

 

 

これらの比較基準等を加味しながら、U-hmでは、住宅展示場を見学する際や土地探しをハウスメーカーに依頼すする際に、厳選したハウスメーカーと優善な担当者のみをご紹介する無料サービスを行っております。

 

無料でメリットの多い特典付きですので、ご興味ある方はこちらもチェックして見てください。

 

▼一番人気のU-hmユーム無料サービス

今までの見学と各段に違うメリットとは?

■住宅展示場の最善の見学法とは?【Uモデルハウス一括見学】の概要

▼土地探しの方に好評のU-hm無料サービス

良い土地が見つかる近道とは?

■備え充実で土地探しのリスク削減【U土地探し一括】の概要

 

 

  ■解説と所感

 

1.過去の建物被害の大きかった地震波にて実大実験をしているか?

 

ダイワハウスが2013年に鉄骨造にて実大実験を行った神戸波(1995年)は最大速度(2成分PGV)105カイン、観測地の半径約200m以内の建物全壊・大破率は約2.5%の地震波です。

 

また、小千谷波(2004年)は同名の2つの観測点の内、どちらかの明示が無いのですが、JMA小千谷は約93.6カイン全壊大破率1.2%、K-NET 小千谷は133.4カインでしたが全壊率は0%です。

 

神戸波、両小千谷波ともに周期1秒以内の短周期に強震のピーク(卓越)が来ました。建物自体の固有周期は短周期(1秒以内)であっても、共振が激しくみられる揺れの周期は約1~2秒以内という事が分かってきています。

 

へーベルハウスは2015年に全壊率が約34.9%であった同じ神戸南部地震におけるJR鷹取駅の地震波を始め、新潟中越地震の川口町などの周期約1秒過ぎに大きな強振が襲い、建物被害が大きくなってしまった実際の地震波で実験をしています。

 

上記の理由からこの項目の評価ランクは現時点ではBとしています。

 

地震波を予測した波形による実験も大切ですが、実際の地震は東西、南北、上下と複雑に揺れます。実際に被害の高かった過去の地震波を再現させた実大実験はやはり重要です。

 

是非、集合住宅併せた販売戸数NO1のダイワハウスには、2016年の熊本地震の益城町宮園の観測波による実大実験をして頂きたいと願います。

 

※上記観測波のカイン数は2方向水平ベクトルの和にて表示しています。その他に3成分による数値など若干数値の違いが生じますが、評価に変更を及ぼす違いではございません。

 

 

2.建物の余力を確認する実験ができているか?

 

u-hmの調べでは、約160カイン以上で3次元実大実験を実施した大手ハウスメーカーは次の通りです。

 

積水ハウス2007年(約160カイン)、パナソニック ホームズ(パナホーム)は2011年(約161カイン)、ダイワハウスは2013年(約175カイン)、へーベルハウスは2015年(約157カイン)、三井ホームは2016年(約183カインと約231カイン)です。(それぞれ実験体が違うので、詳細はこのページの下部にある各ハウスメーカーの耐震性評価ランクからご覧ください。)

 

現在は、加速度ガル(gal)よりも速度カイン(kine)の方が建物被害に関連性が高いと言われいます。

 

その中で、この項目の評価ランクをAではなくBとしているのは、その実験地震波は1995年の神戸波を増幅させた短周期帯に強震をさせた実験であり、同年のJR鷹取駅や2004年の川口町の様な建物被害の高かった周期1~2秒以内の強震実験ではないからです。

 

今後は、是非、項目1で記述した様な熊本地震の益城町宮園の地震波やそれを増幅した200kine以上での実大実験を実施し、詳細を明示されることを期待したいです。

 

 

3.実験体の参考度合は?

 

まずは2006年の段階で、他の大手ハウスメーカーに先駆け、主力商品の鉄骨造「xevo」の標準仕様である耐震構造とオプションである制震システムの比較実験を行っている事は特筆されるべき事です。

 

そして、地震動エネルギー吸収型耐力壁「xevoΣ」による2013年の実験も十分に現実的で参考となるので、当然評価ランクはAとしました。

 

今後は2階は当然、3階の実物大にて実験をして頂きたいものです。

 

また、パナソニックの子会社となったパナソニック ホームズ(パナホーム)も、今後業界3位の戸建販売戸数を目指す為には木造を手掛ける事が必要であると一部要人の発言もあるように、今後各社木造のシェア争いもますます激化が予想されます。

 

その中で、ダイワハウスの木造商品「GranWood」における実大振動実験も是非、建物被害が高い地震波にて実施して頂き、それを明示して頂きたいと思います。

 

少なくとも現時点では、u-hmとしては耐震性の実証において「GranWood」はお薦めできると言える材料を確認できておりません。

 

 

4.実大実験による揺れの抑制はどうか?

 

<鉄骨系>

A~B:「xevo」に関しては、2006年というとても早い段階で標準仕様の耐震とオプションの制震仕様の具体的な実大実験を実施、明示しており流石の一言です。

 

当時の標準仕様である耐震「DEAQT(ディークト)S」の神戸波における2階床面の12.9㎜の変位は現時点では必ずしも優位性があるとは言えませんが、2006年の段階の数字です。今はより進化していると期待したいです。

 

オプションの制震システム「DEACTD(ディークト)D」の2階床の変位は6.9mmと言う2006年の実験実証は現時点でもTOPレベルと言えます。それ故にA~Bとしました。

 

B:また2013年の「xevoΣ」の地震動エネルギー吸収型耐力壁「D-NΣQST(ディーネクスト)」搭載実験に関しては、まさに標準仕様の地震動エネルギー吸収型耐力壁がxevoΣの商品性の要であると思いますが、その効果の公表量が少なく、Bランクとしました。

 

現在、地震の揺れで倒れない事が前提となってきております。

 

家が倒れてなくても、非常に多くの方が揺れによる人的且つ物的被害に遭われてきたきた史実がある中で、いかに住宅の揺れを抑えられるのかが焦点となってきています。

構造の単体やパーツの実験も大切ですが、実際の地震動による力はより複雑に住宅を襲います。やはり実大実験による実証がイメージコマーシャル以上に大事な事なのでは無いでしょうか?

 

ダイワハウスは既にその実大実験を重視しており、「DEACTD(ディークト)D」の実験結果だけを見れば、現時点での他社比較においてはAランクにしたいところです。しかし、まだ1秒以内の短周期にピークのある地震波での実験であるので、B+評価としております。

 

次回は3階建も含めて、より建物被害率の高い地震波での実大実験にて揺れ幅(変位)も具体的な開示をして頂く事を心待ちにしております。

 

皆さまには、建物の揺れを少なくできる家は、自身や家族を守るだけでなく、補修費やメンテナンスコストも抑える事になるという事を分かって頂き、ハウスメーカーを選ばれる事をお薦め致します。

 

 

5.過去の地震に対する被害状況の明示と結果は?

*地震の揺れによる被害

まずこの評価項目は、各ハウスメーカーによって震災地の施工数が大きく違うという事、特に全壊率の高かった特定のエリアにどれだけの自社物件があったのかという事で、全・半壊実績が違ってくるので、単純比較ができないという事は皆さまにわかって頂きたいです。

 

また、過去において、自由設計の自社基準が現在よりも緩かった会社もあると思いますので、仮に過去に全半壊が生じた会社が今も地震に弱いという訳ではありません。

 

それでも皆さまがやはり気になる項目だと思いますので、あくまでも参考として評価項目を設けました。

 

ダイワ(大和)ハウスに関しては、特に具体的な公表はありませんので評価ランクは不明(-)とさせて頂いております。

 

 

6.震災時に対応が期待できる組織力は?

 

皆さまには、ハウスメーカーを検討する上でこの項目も重要だという事を認識して頂きたいです。

 

実際の被災地の方のお話でわかった事ですが、震災後はとても普通の精神状況ではいられないという事です。

 

今までに経験した事の無い様な恐ろしく巨大な力による揺れに突然襲われ、建物が倒れていなくても周囲は惨状と化している中で、大きな余震は夜中も関係なく何度も襲ってくるのです。

 

不意にくる余震の度に、瞬時に不安に襲われ、最悪の事態が頭をよぎり、とても普通の精神状態ではいられないという事は、きっと体験者にしかわからない状況なのだと思います。

 

私が赴いた熊本県東区(益城町の隣)のボランティア先のお宅では、そのご主人は本震から1か月程経っていたのに眠れなく、お嬢様は余震がある度に泣き出してしょうがないとの事でした。ご主人は精神的に本当におかしくなるとおっしゃいました。(詳しくは、「何故u-hmサービスを始めたのか?」にて

 

一方で、建てたハウスメーカーが点検に来て、「大丈夫です。異常ありません。」という言葉でどんなに心から安心できるものなのかという事も別のご家族の言葉からわかりました。

 

ハウスメーカーの耐震性を語る際に、単に建物が地震に強いだけでは駄目なのだと感じました。

 

被災地では、ハウスメーカーの社員やご家族も被災者となります。

 

その様な時に、被災エリア外から迅速にフォローできるのかどうかも、真に地震に強いハウスメーカーと言えるのではないでしょうか?

 

その意味において、大和ハウス工業はフランチャイズの様な別会社による販売店化をメインにしてはいなく、直営部隊の拠点が業界TOPレベルに広がっており、自社自体が震災被害を受ける際のリスク分散もされています。

 

今後の震災時に被災地エリア外から等の支援により、オーナー様のアフターフォロー機能が継続できる可能性が他社比較において高いと言えます。

 

当然ですが、評価はA+となります。

 

u-hmが今後、大和ハウスに期待したいのは、業界に先駆け、まず本社及び主要拠点の建物自体の高度な耐震性を確保し、その明示をされてはどうかという事です。

 

そして、仕事場の保全と同時に、通勤時の無防備な震災リスクを減らす為に、社員の通勤時間帯を計画的にずらす事です。

 

またこれはかなり長期的計画となりますが、社員の自宅自体も耐震性の確保ができる為の支援や補助です。

 

具体的には、景気の停滞や後退時に工場や施工現場の空白化を補う為に、社員に自社建てをキャンペーン価格にて推進したり、補助したりという事からでも良いと思いますが、それでも社員の自宅の耐震性強化には間に合わないと思われるので、耐震性の強いマンションの所得などの支援も無いと実現は程遠いのかと思います。

 

現在、u-hmが各社の決算説明文や中長期計画等を見る限り、自社の会社機能及び人的資産に関しての具体的な震災リスク対策を計上している会社は無いと思います。

 

内閣府は2015年に制作した「事業継続計画(BCP=Business Continuity Plan)」のガイドラインに基づき、震災時も含めて事業が継続できる為に各企業が独自にBCPを策定する事としておりますが、そのガイドラインには上記の様な震災時の本社や主教拠点(建物)自体、社員宅自体の耐震性向上、人的資産の保全までは言及されていません。

 

耐震性と長期保証やメンテナンス性を訴求している会社として、真剣に上記の事に取り組む事により、既存のオーナー様は勿論、新規見込み客への訴求、社員満足の向上となり、これから就職を考える者や株主、取引先や金融機関などへの安心材料となのではないでしょうか?

 

そして、上記の事を提案したい理由は、もう一つあります。

 

今までもどの住宅メーカーや工務店も震災時にその被災地の社員が献身的に出社し、被災地に出向いてきたと思います。時にはそれは美談として扱われたりします。

 

しかし、それは組織集団上の精神的強制(義務感)などであってはなりません。やはり、まずは社員自身とその家族の安全確保が第一であります。

 

これは今後どちらかの住宅メーカーのオーナー様となる皆さまにもわかって頂きたい事です。

 

だた今までもそうであったように、制度的義務は無くても、人間は集団心理上も含めて、ついつい無理をして震災時に出社したりしてしまいがちです。

 

是非、会社機能及び社員やその家族の震災対策にも、より一層真剣に取り組んで頂きたいです。

 

大きな震災時も会社も社員も生き残り、被災地以外の拠点との連携を深めてすぐに会社機能が継続できるような保全対策を率先して明示して頂きたいものです。

 

真に震災に強いハウスメーカーとして、次のステップに進んで頂きたいという勝手ながらこの業界をより良くしたいというU-hmからの切なる願いでもあります。

 

 

7.生き残れる企業力は?

 

どの会社も長期保証やメンテナンス体制を訴求しています。

 

今後の巨大な震災時にも生き残れ(項目6)、その会社自体も健全な経営状態が続かないと、その保証も充実したメンテナンス体制も無意味となってしまいます。

 

その点において、大和ハウスは名実ともに日本屈指の信頼できるハウスメーカーである事は言うまでもございません。

 

項目7の表内に記載のとおり、まさに勝ち組の中の筆頭グループと言え、当然の如くA+の評価としています。

 

 

u-hm株式会社

代 表 永     野

 

尚、弊社では次の様な事の個別相談を承っております。

 

自己資金はいくらにするべきか?」

 

住宅ローン額や返済方法はどうするのが良いのか?

 

「契約前にこのプランで住んだ後も何か問題無いか第三者からもチェックしてもらいたい」

 

「この内容で契約して、後で金額はもう上がらないだろうか?

 

「気に入った住宅メーカーで予算オーバーになったがどうしたらいいか?」

 

その様なご相談をハウスメーカー以外の第三者にもできるのが、U-hmのセカンドオピニオンサービス(無料)です。

 

そのU-hmのセカンドオピニオンは以下のサービス特典の一つとなっています。

 

■【Uモデルハウス一括見学】u-hm特典付サービス(無料)

・住宅展示場で毎回のアンケート不要

・地震に強いハウスメーカー6社のモデルハウスを自分達のペースで見学できる。

土地探しからでも、計画はまだ先でも大丈夫。

どのハウスメーカーや金融機関にも属さない第三者の住宅ローンアドバイザーに相談もできる。

☞一番人気!「最善のモデルハウス見学法」とは?

※このサービスを利用しない方も、こちらで通常のモデルハウス見学の流れがよくわかります。

 

土地探しからという方には上記のモデルハウス一括見学と併せてこちらをご利用頂いております。

☞備え充実で土地リスク削減「U土地探し一括」

 

 

■【Uプラン一括】U-hm特典付サービス(無料)

厳選ハウスメーカー数社から一括してベストプランの提案を受ける事ができる。

住宅展示場ではなかなか会えない優善な人材が貴方の担当者となり、しっかりとした対応を受ける事ができる。

なるほどそういうプランアイデアがあったのか」「そういう減額案もあるのか」「ハウスメーカーの提携ローンとの違いが良くわかった」など。第三者のプロだから気づく「セカンドオピニオン」を得る事ができる。

☞優秀な担当者に一括設計依頼!格別なプラン依頼法とは?

ご興味ございましたら、ご覧ください。

 

■各ハウスメーカーの耐震性の詳細はこちらから。

■へーベルハウスの耐震性評価ランクと比較詳細

■積水ハウスの耐震性評価ランクと比較詳細

■セキスイハイムの耐震性評価ランクと比較詳細

■パナソニック ホームズ(パナホーム)の耐震性評価ランクと比較詳細

■三井ホームの耐震性評価ランクと比較詳細

■ミサワホームの耐震性評価ランクと比較詳細

■住友林業の耐震性評価ランクと比較詳細

■一条工務店の耐震性評価ランクと比較詳細

■トヨタホームの耐震性評価ランクと比較詳細

■ヤマダ・エスバイエルホームの耐震性評価ランクと比較詳細

■スウェーデンハウスの耐震性評価ランクと比較詳細

 

ご参考までにこちらもどうぞ。

☞「U-hmが厳選したハウスメーカーとその理由とは?

次は簡単にu-hmのサービスのご案内です。

備え充実で

土地リスク削減!

【U土地探し一括】

u-hm 土地探し一括サービス

U-hm特典付サービス

(無料)

土地探しの流れと秘訣とは?

比べて下さい!

このプラン依頼の違いを。

【Uプラン一括依頼】

U-hm ハウスメーカープラン一括依頼U-hm特典付きサービス

(無料)

 セカンドオピニオン+αの特典とは?

 

「いいね!」して頂けると
励みになります!

参考情報をお届けしていきます

少しでも参考となりましたら、

ブックマークや

ご家族の方、お友達と共有して頂けるととても嬉しいです。

Pinterest pinterest
Google+ Google+
Pocket Pocket
Instagram Instagram
Feedly Feedly