土地探しのノウハウ一覧|土地探しの流れ・費用・コツの全て

U-hm住宅展示場 ハウスメーカーと住宅ローン徹底比較

こんにちは。


土地を探して、本当に地震に強い家を建てたい方を応援している ユーム 永野です

 

■「幸せつづく家づくり」の探求者|ながけん(ユーム 永野 健一)の 簡易プロフィール

◎現役バリバリの設計士・営業以上のアドバイスでなければ意味がないと思う方の相談役

 

・1分1秒を争う業務厨房の動線設計及びHACCP(危害要因分析必須管理点)に基づく環境改善提案を5年

・大手ハウスメーカー(HM)時代を含めて、土地探し・家づくり支援を20年以上

・独立後、相談者が提案されたプラン・見積診断は1,000回以上提供

 

【幸せつづく家づくりコンサル|ながけん】

空間デザイン心理士/耐震実測マイスター/木構造マイスター準一級/整理収納アドバイザー一級/住宅収納スペシャリスト/風水片付けコンサルタント/ こんまり®︎流片づけコンサルタント養成講座修了生/住宅建築コーディネーター

※業界初の注文住宅の本格的なオンライン・セカンドオピニオンサービスを提供する会社 u-hm株式会社 CEO

 

 

このページは土地探しのノウハウがわかる記事をまとめています。

 

ご興味がある項目をどうぞ。

 

【コラム】専属専任・専任・一般媒介契約の違い

 

<レインズへの登録が義務付けとなる場合>
・専属専任媒介契約
売却の依頼は不動産会社1社のみで、基本的にお客様ご自身で他の業者と売買取引をすることは出来ません。

・専任媒介契約
売却の依頼は不動産会社1社のみで、お客様ご自身で他の売買取引相手を探すことは出来ます。

 

<レインズの登録が義務付けとならない場合。登録は任意。>
・一般媒介契約
売却の依頼は複数の会社に対し可能で、お客様ご自身で売買取引相手を探すことも出来ます。

 

上記の事から、一般媒介契約ではレインズへの登録はされない事も多いのです。

 

さらに、専属専任媒介契約や専任媒介契約はレインズへの義務付けとなり、しっかりとした不動産業者は遵守していますが、必ずしもこれを履行していない担当者や業者がまだいるのも現実のようです。

 

つまり、どの不動産業者も持っている情報は必ずしも一緒という事は無いという事になります。

 

 

【コラム】建築条件付きの土地、仲介手数料のかからない土地

 

建築条件付きの土地とは、指定の住宅メーカーで建てないといけないという条件付きの土地です。

 

以前は販売力や信用力に劣るローコストの住宅メーカーが、土地の魅力を武器として建物を建ててもらい利益を得るというイメージが強い販売手法でした。

 

今は大手ハウスメーカーも社有地を取得し、建築条件付きで販売しているケースもあります。

 

その建築条件を外してもらい、建てたいメーカーで建てたケースも何度もありますので、どうしても他に良い土地が無い場合は、売主や住宅メーカーに相談してみましょう。

 

建築条件を外すのに、お金が土地代に上乗せされることも多いですが、そこまでして建てたいと思ってもらった住宅メーカー建物の金額面でとても頑張ってくれたというのが今までの実例です。

 

 

仲介手数料のかからない土地とは、売主と直接契約となる場合の土地です。

 

先程の住宅メーカーの社有地などはその例です。

 

一般的にはお得となりますが、その分指し値値引は難しい場合が多いです。

 

 

 

U-hm住宅展示場 ハウスメーカーと住宅ローン徹底比較

 

 

◎無料で家づくりの不満を大幅削減

今までのやり方では駄目! 

唯一無二の自己防衛策

 

【 ホメイエ 】今なら無料

 

 

 

「 幸せつづく家づくり 」の探求者

ながけんのセカンドオピニオン

 

 

 

◎建築会社・設計事務所と打合せ中の方向け

プランに潜む後悔点を削減

絶対に失敗したくないなら

U プラン診断

 

 

Pinterest pinterest
Google+Google+
PocketPocket
InstagramInstagram
FeedlyFeedly
int(39)