土地購入から家を建てる年齢層は20代が増加!一位は30代

土地を購入して、注文住宅を建てた20代が増加! 30代は若干減少で低年齢化の傾向。

 

独立行政法人 住宅金融支援機構による2018年7月13日付けで調査結果が発表されました。

 

それによると、土地付き注文住宅(建売を除く)の購入者の年齢層は、1位が30代で全体の50.7%(前年52.0%から減少)、2位は40代の20.4%(前年度20.5%)、3位が20台の18.7%(前年度17.8%より増加)とのことです。

 

ユームの土地探しのご相談も25歳の方がいたりと、確かに消費税が増税する前という事もあってか、情報に敏感な若い方の動きが出てきています。

 

逆に、土地の所有者も今売らなくていつ売るという感もあり、エリアによりますが、売地も出てきています。

 

逆に、消費税増税後や、2020年のオリンピックイヤー以後数年は、今ほどは売地が出ない可能性も懸念されます。

 

建物に関しては、2019年の3月まで請負契約を結べば消費税8%が適用されますので、それまでの間は特に若い方も土地探しをする人が増えることでしょう。

 

ナガケン

 

追記

もし、土地購入をお考えの人で、土地探しの必勝法の記事がまだでしたら、6つの土地探し法と注意事項を無料でお伝えしていますので、ご参考にどうぞ。コチラ

 

 

◎お住まい見学
◎家づくり参考記事
○今日のユーム