ハウスメーカー【坪単価一覧】と【よりリアルな坪単価を知る方法】と注意事項!

Pinterest pinterest
Google+ Google+
Pocket Pocket
Instagram Instagram
Feedly Feedly

こんにちは U-hm (ユーム) 永 野 です。

 

こちらでは注文住宅を建てる手順の内、

 

■ハウスメーカー【坪単価一覧】と【よりリアルな坪単価を知る方法】と注意事項!

 

をお伝えさせて頂きます。

 

最初の「坪単価の注意事項とツボ」は下表の次に記述しています。

 

下表よりもそちらが参考になると思いますので、太字着色文字だけ見て頂ければ、約1分で重要ポイントがわかります。 

 

 

※積水ハウスと大和ハウスに関しての坪単価を詳しく知りたい方はコチラ

 

ハウスメーカー坪単価一覧表

 

まずはよく言われるている坪単価をサクッと。

 

■主要ハウスメ―カー坪単価

積水ハウス 65~85万
大和ハウス 65~85万
へーベルハウス 70~85万
住友林業 65~85万
三井ホーム 65~85万
一条工務店 50~75万
セキスイハイム 55~85万

パナホーム

60~85万
トヨタホーム 55~85万
ミサワホーム 55~75万
ヤマダ・エスバイエルホーム 50~65万
スウェーデンハウス 55~65万

坪単価とは建物本体工事を延床面積で割った数値(税別)にて表しています。

延べ床面積が大きい程、坪単価は安くなる事が多いです。

同じ延床面積40坪(2階建て)でも、総2階(1.2階共約20坪)の建物よりも、1階の面積が大きい方が基礎と屋根構造が増え坪単価は高くなります。その意味で平屋の坪単価は高くなります。

耐火仕様等構造やプラン・仕様によっては坪100万円以上となる場合もあります。

 

坪単価の幅が大きくてわかりずらいかと思います。また、各社似た様な数字とも言えます。

 

各ハウスメーカー共、営業マンやモデルハウスによって伝える坪単価の数字がまちまちである事も少なくありません。

 

実際には、値引後の坪単価として、

 

□1世帯4人、家族30坪、(約99㎡)3LDKの総2階ですと、

・へーベルハウスは坪80万前後

坪80万×30坪=2400万(税別)

 

・積水ハウス・大和ハウス・住友林業・パナホーム・三井ホームの場合は坪75万前後

坪75万×30坪=2250万(税別)

 

と考えておいた方が良いかと思います。

 

(ユームの紹介扱いではかなり金額も提案も頑張ってくれていますが・・)

 

 

金額的に厳しそうで、それでも構造等がしっかりした所で建てたいという方は、以下のページを約20秒確認の上、その会社のお得な企画商品が無いか?その坪単価を聞いてみて下さい。

 

☞憧れのハウスメーカーを簡単に諦めない!何とかなる場合も多い【1つの相談の仕方】

 

 

ご希望や敷地条件、お得な企画商品などにより違ってくる場合もありますが、もう少し具体的に各社の坪単価を知りたい方は、次のコーナーが重要となります。

 

太字着色文字だけ見て、サクッと約1分でポイントを抑えて下さい。

 

【 9月末までの無料企画 】

※定員となりましたので終了とさせて頂きます。

今の家賃の支払い分で

大手ハウスメーカーだと

どんな間取りができるの? 

知りたいけど、営業はイヤという方は コチラ

 

 

 

損が無く

圧倒的なメリットしかない

 

 

U-hm ユームは、大きな地震でも家族を守る家を建てたい方 そんなマイホームをあきらめたく無い方を  無料サポートしています。

 

自分達に合うおすすめの住宅ローンを知りたい。 でも営業されるのはイヤ!という方は  コレ

 

住宅展示場では会えないような優秀な担当者に色々と 話を聞いてみたい! という方は  コチラ

 

土地探しを後悔しなくて済む方法とは? 予算内で良い土地を見つける 近道を知りたい方は ココ

 

 

よりリアルな坪単価を知る方法。注意事項と秘訣

 

住宅展示場には、実は他社で契約をした後の方や他社の建物に住んでいる方も来らます。


インテリアの参考に住宅展示場を廻られたり、イベントにお子さんを連れて来た際にモデルハウスに寄られるのです。

 

私もハウスメーカー時代に、その様なお客様から「とても高い坪単価を他のモデルハウスで聞いて、本当は〇〇さん(当時所属のハウスメーカー)が良かったけど諦めました」「おたくの構造を気に入っていたけど、金額を聞いて最初から無理だと思って〇〇さんとは打合せしなかったよ」などと何度も聞いた事があります。

 

そして、もっと安かったからと他社で契約した方の契約金額や契約後の詳細打合せで結局金額が上がった費用や内容を聞くと、当時の会社でも全くできない金額ではないケースも多かったのです。

 

これは、きっと私だけでなく、多くのハウスメーカーや工務店の営業マンが体験している事だと思います。

 

最初に聞いた坪単価や金額でその住宅メーカーを諦めてしまうのはもったいないです。また、誤解されているケースもあるので注意が必要です。

 

やはり、最初の段階から実際により近い坪単価や費用を知る事が大切となります。

 

今はネットでも注文住宅の坪単価や費用を知る事ができます。

 

実際に私も色々なネットでの情報を見て見ましたが、どうしても建物本体や付帯工事の条件が曖昧であったりする場合が多く、実際の費用とは異なる情報も多いと感じました。

 

これは、住宅展示場のモデルハウスにて、各ハウスメーカーや工務店の営業マンに聞く時も同じです。

 

同じハウスメーカーでも高めに坪単価や費用を言うタイプ、低めに言うタイプ、お客様の靴や服装、カバン等を見て高く伝えたり、低く伝える営業マンなど、本当の坪単価がわかり難い要因となっています。

 

通常、吹抜けなどの面積を参入しない各階の総面積坪数(延べ床面積)で建物本体工事費を割ったものを坪単価という場合が多いのですが、会社や営業マンによって、建物本体工事費を吹抜けやバルコニー、ロフト部分等も含めた施工床面積で割った数字を坪単価として表現している場合もあります。

 

その場合は延べ床面積よりも施工床面積の方が分母となる数字が大きくなり、坪単価は安く感じられますので要注意です。

 

まずは、その都度、坪単価の基準(延べ床面積なのか施工面積なのか?)を確認する事をお薦め致します。

 

当然、建物の間取りや計画地の条件次第で建物本体工事費も大きく変わってくる可能性がありますので、具体的に個別相談しないとより参考となる金額はわかり難いのが現状です。

 

ただ、まだ土地が決まっていないという方やハウスメーカーにはまだ具体的な話をするのはちょっと・・・という方もいらっしゃると思います。

 

そういう方はネットにしても、ハウスメーカーや工務店に相場を聞くにしても、大切な事は、建物本体工事付帯工事、その他諸費用の3つに分けて相場を確認し、整理する事です。

 

本来は建物本体工事費とは別の付帯工事費等が本体工事費に入っていたりするからです。

 

太陽光発電システムや最新の空調システムなどを建物本体の坪単価に含めて伝えているケースもあります。

 

それらをキャンペーン扱い上、建物本体工事費用に含み、そこから後々値引するという場合に、建物本体の坪単価や費用が高く表現される場合もあるかと思います。

 

そして、特に建物本体工事の相場を知る際には、単に坪単価を聞くだけではなく、値引き後の平均の坪単価を聞く事が秘訣です。

 

値引前の坪単価自体の商品が、本当に高品質なのかどうかの是非は別として、営業マンは自社の商品は本来はとても高いものであるという説明をしがちで、坪単価を高く言う場合も多いのです。

 

皆さまは実際の契約ベースの相場、値引後の実際の坪単価を知りたいのではないでしょうか?

 

その為のコツは「4LDKの総2階建で、延床面積40坪標準仕様ですと、値引後(契約時)の坪単価は平均的においくらぐらいですか?」などと具体的な条件を挙げて値引後の平均値を聞く事をお薦め致します。

 

総2階とは、1階の大きさと2階の大きさがほぼ同じ大きさであり、建物が入り組んでいたりしないので経済的な形となります。

 

延床面積とは、ここではざっくりとお伝えしますと各階の合計面積(吹抜けやロフトは含まない)です。

 

「値引後の坪単価は?」とズバリ聞かれるよりは「値引後の坪単価は平均的にいくらぐらいですか?」と聞かれる方が、営業マンは答え易く感じますし、より実際に近い坪単価を知る事ができます。

 

単に「坪単価は?」と聞くのではなく、まずは、具体的な建物の大きさや階数、標準仕様の値引後の坪単価を知り、同じ基準で各ハウスメーカーを比較する事が肝要です。

 

以上簡単ではありますが、「本当の坪単価を知る際の注意事項と秘訣」でした。

 

次に標準仕様はどんなものなのか?オプション仕様とはどんなものでいくらぐらいかかるのか?を確認していけば、自分達が必要なもの、欲しいもの、妥協できるものなどが整理できます。

 

先にトータル費用の具体例も以下でわかります。

 

 

■建物本体【標準仕様とオプション費用】の参考例(約1分)

□内容

標準仕様で確認しておきたいポイントとは?

ちょいこだわりラグジュアリー仕様。オプション費用の参考例。

 

 

【付帯工事と諸費用】後で困らない為の参考例(約1分)

□内容

後で困らない為の知っておきたい諸費用とは?

 

 

■注文住宅【トータル費用の具体例】結論は約20秒。解説付き

U-hm住宅展示場 ハウスメーカーと住宅ローン徹底比較

 

 

安い買い物ではない。

 

後悔したくない。

 

普通以上に満足したい。

 

U-hmロゴ

 

■ユームの家づくり人気サービス3選 (無料 )

 

 

人気の理由と実例はそれぞれのページでわわります。

 

 

▼家を建てようかと思い始めたら 

自己資金はいくら必要?

住宅ローンについて個別に知りたい!

でもまだハウスメーカーに営業されるのはイヤ!

■営業一切無し!初期相談なら コチラ(無料)

 

▼住宅展示場に行くなら 

今までの見学と各段に違うメリットとは?

■住宅展示場の5つの落とし穴とは? 最善の見学法なら コチラ(無料)

 

 

▼土地探しから家を建てるなら

ココだけの

後悔無く

予算内で良い土地が見つかる近道とは?

■土地探しの3つの落とし穴とは? 備え充実の土地探しなら コチラ(無料)

 


⇒「U-hm ユーム特典付サービスが何故無料でできるのか?」はこちらからどうぞ。

 

【 9月までの無料企画 】

※定員に達したため終了させて頂きます。

自分達の予算や、今の家賃の支払い額で、大手ハウスメーカーでどんな間取りができるの?
それを知りたいけど、営業されるのはイヤ!

そういう方は、今だけのプレゼントをどうぞ。