ハウスメーカー【標準仕様とオプション費用】建物本体工事費用の参考例

Pinterest pinterest
Google+ Google+
Pocket Pocket
Instagram Instagram
Feedly Feedly

こんにちは U-hm(ユーム) 永 野 です。

こちらでは注文住宅を建てる手順の内、

■注文住宅 価格【標準仕様とオプション費用】本体工事費用の参考例

をお伝えさせて頂きます。

太字着色文字だけ見て頂ければ、約1分で重要ポイントがわかります。 

標準仕様の値引後の坪単価は、建物の大きさや形状によりますが、一般的に50万~65万となるケースが多い様です。

建物が大きくなると、標準仕様で複雑な構造ではない場合は低めの坪単価となるケースが多いです。

各ハウスメーカーや工務店の標準仕様はどんなものなのか?オプション仕様とはどんなものがあるのか?を確認していけば、自分達が必要なもの、欲しいもの、妥協できるものなどが整理できます。

標準仕様を確認する時のポイントオプションの大まかな費用は下の表を一つの参考にしてみてください。

 

<建物本体工事費用参考例>

※「少しこだわり仕様」「プレミアム仕様」の参考数値は標準仕様にプラスされる金額です。

 ■標準仕様とオプションの確認事項と費用

※総2階3LDK延床面積31坪(約102㎡)にての概算例(税別)

※便宜上、延床面積坪数を「坪数」と表現。

※中央左が標準仕様の際の価格です。

少しこだわり仕様

プレミアム仕様

建物本体

 □建物本体工事費は値引後の坪単価×延床面積(坪数)

例:値引後坪単価65万×延坪31坪(約102㎡)=2015万

下記選択

下記選択

外観 □軒の出が少なく、外壁も陰影の無いフラットなデザインが標準の事が多い。それでOKか? 

坪数×

1万~

坪数×

3万~

外観材質

□標準で高耐久を訴求しているメーカーが多いが、少なくとも貴方が85歳までのメンテナンス費の概算確認も肝要!

坪数×

1万~

坪数×

7万~

□サッシ窓の数は空気の流れや明るさ上、足りているか?デザインは?開き方等はOKか?(フルオープンサッシは一般的に別途)防犯は標準?シャッターは?

10万

坪数×

3万~

内観

素材

:素材とデザインはOK?ワックス不要か?傷や凹みに強くなくて良いか?壁・天井:ビニールクロスはホルムアルデヒド等級の最上位規格が標準の場合が多いが、デザインや素材感、お手入れのしやすさ等はOKか?

坪数×

1万~

坪数×

5万~

キッチン バックセット(食器棚や家電収納)は込みか?水栓食洗機や扉、換気フード等のお手入れなど機能面は?ゴミ箱、洗いかご等は別途の場合が多い。

10万

300万

お風呂 通常1坪(2帖)1.25坪でなくてOKか?デザインは? 暖房乾燥機は?浴槽の費用は一般的に次の順で高い。FRP、人造大理石ポリエステル系・アクリル系・有機ガラス系。床や隅、排水口部のお手入れは?フタは巻きフタか組みフタか?保温浴槽・床などは?手摺の箇所は?窓の大きさは?

20万

250万

トイレ  ロータンクとタンクレスは違いますので要確認。お手入れのしやすさは?個別手洗いは別途?

10万

50万

洗面 収納付き3面鏡?。通常の幅約80cm程でOK?ャワー水栓は必要?トールサイズ等の収納は別途必要?

10万

100万

階段

通常有効幅は約80㎝と約90㎝の2パターン。幅はOK? 

一般的には壁プラス棒状手摺が標準壁の無いデザイン手摺はご希望?

15万

500万

収納の数  掃除機・五月人形(お雛様)・ゴルフバック等はどこに?適材適所にあるか?足りているか?棚やパイプの形状と数は?クロークに窓や換気は?床下点検口は収納付き?

10万

200万

電気通信系 スイッチ・コンセントの数・分電盤の容量は足りているか?契約後に増やすと金額が上がるのか?通信や電気自動車への対応面は?

 5万

 30万~
給湯器 電気の場合エコキュートが多いが、敷地により薄型でないと設置・メンテが難しいがある。ガスなら最新のエコジョーズか?エネファームは希望?創エネ系は別途工事費に計上される事が多い。

 5万

 100万

遮音

防音

トイレや主寝室、上下階の音など標準性能や仕様で大丈夫か?簡易的遮音仕様~本格的な防音まで音の問題は重要なので要確認。 

250万

500万

ロフト オプション。 敷地条件などで不可も。

60万

5帖

100万

12帖

地下室 オプション。不要? 

200万

4帖低天井

一千万

8帖

スキップフロア オプション。 不要?

60万

4帖

100万

8帖

インテリア造作 通常オプション。飾り棚やニッチ(飾り用に壁が凹んだ空間)やステンドグラスは不要? 創作カウンターやTVボード等の収納は不要? 10万~ 500万~

以上が本体工事費用に関して、確認しておきたい標準仕様の内容とオプションの参考費用です。

一般的には、太陽光発電システムや床暖房、蓄電池などは別途付帯工事費として計上される事が多いですが、それらも本体工事費用に算入されている場合も見受けられます。

また、設計料も本体工事費に入っている場合と別途計上されているケースもあります。

それらは坪単価や本体工事費が高い。安いという印象に大きく影響しますので、その点もご注意ください。

 

上記の他にかかる付帯工事費用と諸費用は下のページをご参照ください。

 

■注文住宅 価格【付帯工事と諸費用】後で困らない為の参考例(約1分)

□内容

後で困らない為の知っておきたい諸費用とは?

 

■注文住宅 価格【トータル費用の具体例】結論は約20秒。解説付き

ハウスメ

ーカー【坪単価一覧】とより【リアルな坪単価を知る方法】と注意事項!(約1分)

□内容

さくっと各主要ハウスメーカーの坪単価を知る。

本当の坪単価の聞き方と注意事項とは?

 

家にいながら

大手ハウスメーカーで

建てられる間取りがわかる! 

営業一切無しのプレゼントはコチラ

 

■ユームの家づくり人気サポート

(無料)

 

実際にご利用頂いている方々は、普通の家づくり以上のメリットを無料で得られています!

U-hmロゴ

無料・いつでもやめられる
 

▼家を建てようかと思い始めたら 

ハウスメーカーにまだ具体的な相談をするのはちょっと…と言う方はこちら。

 

 

■土地探しや予算のご相談だけでも参考になる

ユーム家づくり相談・支援

 

 

▼住宅展示場に行くなら

住宅展示場見学の5つの残念とは? 貴方の家づくりは最初に決まる!

 

 

住宅展示場の最善の見学法

⇒ Uモデルハウス一括見学

 

 

▼土地探しを失敗したくないなら

良い土地が見つからない理由とは? 土地探しのコツがわかります!

 

 

■予算内でより良い土地を入手する方法

⇒ U土地探し一括